反省

単純に人は人を軽く見ると迷惑をかけてくるということを知りました。

別にありがたがられる必要があるわけじゃないんですが

すごく気さくに何でも答えてくれる人を人は有難がらない。。心理があります。

 

ぐだぐだ言ってこっちのメニューだとこれがこうで

こっちのメニューだとこうだから、このメニューでこっちをやってくれるようなものがあったらいいんだけどないもんねーと言ってる人に

じゃあ間とってやりますよーみたいなのはいらなくってリクエストにこたえてると格が下がることがわかりました。

 

余計なお世話を自分がして、それによってクオリティーを下げるなんて最悪です。。

何を自分がやるべきであってその人にどのくらいの事をしてあげれることが最善なのかってことをよく考えようと思います。

お客さんに振り回されるのはもうやめようと、そんな要素は完全になくそうと決めた瞬間から急になんだか変わりました。

 

仕事初めてから見た目が若く見えることに自分でコンプレックスを感じてどうにかしないとと思ってたことが裏目に出てたというか。。

勝手にそのせいにしてたというか。。

決めたらこんなに変わるんだと思った時すごく反省しました。

 

心ってずっとずっとその人についたりとか手間をかけてあげないと通じないとかでは全然ないと思います。

やるべきことをやってあげてそこに一点の曇りもなければ

もう優しさも心も全部伝わるので何回も何回も言ってあげなくていいし心配してあげなくてもいいということ。

もっとこれを言ってあげたら変わるんじゃないかとか。。何かこう安心してもらいたいからちょっと言っちゃったとかはとてもいらない言葉ということ。。

自分の心が勝手に痛くなって反応してるだけで言ってる言葉は

人を勇気づけることには全然つながらないし、それが有難いと思ってる人はたぶん改善しにくいし、本当に改善したい人はそういうのって気持ちは嬉しいけど、たぶんじんわり元気なくなっていくっていうか。。

必要以上の事をしないことを学びました。