自分で決めること

ただ失敗した

ただ怠けた

ただちゃんとやってなかった

ただ脱落したっていう人がこれでよかったんだって言ってるのを真剣に聞かない方がいいです。

できなかったことを環境や周りのせいばかりにしてる人はやっぱり危ないし、

そういう人が本気で心から思って語ってることって

本気で思ってるから言葉に力があるし説得力があったりしたりします。

でも、そういう人のひとへの優しさは

とても一方的で全然有難くなかったりします。

 

押しつけっていうのか。。いいと思ったから言ったんだ!って

話してても本当に思いやりのある人は

乱暴な言い方をしたりしないし、思い込みとの違いをわかっているし、

人に何かを押し付けたりとか、

言い訳したりとか、人のせいにしたりとか、

自分が特別だと思ったりしないと思います。

 

そういう風に分かっていると、すごく分かりやすい気がします。

だから自分がなんかうまくいってない時は

そうなってないかよく自分を観察できます。

 

人生の中で出会える人もものも環境も限られてますが

自分だから囲まれている環境を生きています。

だから何をするときも積極的に選ぼうと思います。

なんでもいいはもうもったいないです。

 

人が決めたときに起こることは

自分が予想する以上のものがきます。

決めることの大切さはすごいんだと最近いろいろと実感中です。